読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃにおた始めました

うぇすと、たまぁにあらし

沼ドボン


やばい!!!ジャニーズWESTやばい!!ここ数週間で物の見事にジャニスト沼にドボンした。こんなの初めて。前までは嵐の二宮くんしか見えてなかったのに。

なんだろ?どうしてだろ?


最初意識したのはなんとなーくセクゾ目的で見ていたMステのウルトラフェスの1曲目、ええじゃないかの曲がかかった瞬間だった。爽やかに、堂々と、Mステ30周年おめでとうございます!盛り上がっていきましょう!って言う黒髪のセンターくんが気になった。
んん?ジャニーズWESTあ、家康くんや榮三郎のいるグループか!今年嵐とワクワクやってたね、小瀧くんがセンターかと思ってたら違うのか。てか、この黒髪イケメンくんは…だれ?

という、この時点でジャニストについては完全に無知な状態だった。
えーと、いつかのカウコンでデビュー発表してたけど、実際デビューした時にグループ名変わってた…よね?数ヶ月前に大野くんドラマで覚えた小瀧くんと、朝ドラで覚えた桐山くん以外誰がいるのかとか、どんな経緯でデビューしたとか、どんな曲があるのかとか知らなかった。
でもこの時は時間もなく、特に何も調べたり深追いしたりはなかった。

数日後、仕事の忙しさ(≒課長の機嫌の悪さ)と嵐のAre you happy?ツアー全て落選(と、本当は夏からの熱愛報道にitでとどめを喰らってたけど思い出したくないのであえて割愛)というダブルパンチを喰らって病んだ。恐らく大部分の嵐ファンが言ってたと思う、全然ハッピーじゃねええええ!
これまで癒しだった嵐を見ると落ち込むので一時的に避けてしまう。しかしそうなると何も私を癒してくれるものがない…という事態に陥った。新たな癒しを求めていたところに、ジャニストクリスマス京セラ決定!のニュースを聞いてMステのことを思い出した。
お!あのグループか。ちょっと調べてみよーっと。って感じの軽いノリで。

ジャニウェブで例の黒髪イケメンくん調べると、ジャニストセンターの重岡大毅くんだと判明した。その後まとめやブログを読み漁り情報収集し、YouTubeで日本昔話見てゲラゲラ笑い、画像検索して重岡くんの笑顔にやられ、急に気になるグループへ。
そして画像だけでは足らず、ジャニストの映像が見たくなって友達と遊んだ帰りにパリピポのBlu-ray購入。なんと初回が残ってたのでクリアファイル付きでゲット。本格的にはまったのはここからだった。

単純にパリピポが、見ててめっちゃ面白いコンサートだと思った。淳太くんが言ってたみたいな、世界観統一してます!ってのは正直そこまでわかんなかったけど、みんなとっても楽しそうだし、キラキラしてるし、あとちょっとだけギラギラもしてる。
ドキュメンタリーでチラッと言っていた、神ちゃんのホールは最後にしたい、次に福岡来る時はマリンメッセ!とか、メンバー各自が口にしていた、今回のツアーは自信作だけど、でも次もし、ツアーが出来るならパリピポは最低ラインとして越えていくって話とか。
好きなんだよね!普段はキラキラしてるアイドルがたまーに見せる天下獲ってやる!ってギラギラ感。
余談だけど、嵐のcool&soulとかRe(mark)ableとかこの"アイドルのギラギラ感"の最たる例じゃない?


昨日も体調すぐれず家に篭っていたわけだけど。そこで見ていたのはパリピポだった。購入してからまだ約2週間、でも見るのは一体何回目だろう…。
そしてその合間に嵐のJaponismも久しぶりに見た。なんて素晴らしいコンサートを見せてくれるんだろう、ものすごいグループだなって改めて思った。
ドームはとてつもなく広い、けれど一体感がある。制御されてるライトはとても綺麗で圧倒される。自分で持ってたこともあるけど、自分がコンサートに参加してるみたいで楽しいんだよね。ステージセットも、和太鼓とかの演出も豪華で嵐がいない時さえ視覚的にも楽しい。5人とも30代になってもなおキラキラしてる。ソロの各自のパフォーマンスも個性を出しつつもクオリティが高い。やっぱりプロだなあ。と。それに特にデジタリアンから強く思ったけど、世界観がしっかりしているしメッセージ性もある。
…って思うんだけど、でも、前ほどリピートしたい!って気持ちは少なくなってた。びっくり。

そう、今は、確かに嵐と比較してしまうと荒削りなんだけど、7人で全力で会場を駆け抜けるジャニストを見たくなるんだよね。なんでだろう。
ドキュメンタリーではまちゃんがフレッシュ感ないって言われたみたいな話をしていた。でもアンコールのしげの挨拶とかは、本当にフレッシュなアイドルそのものだった。息も整わない中全力で、爽やかで、誠実で、スタッフ達への感謝も沢山伝えつつ、グループとしてはまだまだですと言い切った上で、恩返しのためにこれからもっと頑張ります、っていう決意表明。これは誤解を恐れず言えば、もう今の嵐には出せない感じ。

ちょっと古いけど宮城Blastの翔くんソロhip hop boogie、当初発表したのは2008年だった。そこから2015年に披露するにあたって歌詞に変更が加えられ、chapter2になって、嵐は、手の中にあった時代から、夢抱き瞳の中に未来が見えるようになっていた。
嵐はもう、ついてきて!って言うよりは、これから僕らが新しい世界を見せます!って感じというか…。そう言えるだけの自信と経験と覚悟がある。それだけ今は大きな舞台にいて、後輩も沢山できて、いろいろな所から沢山期待されてるのを知っていて。それでもなお、全て背負って、こちらの期待以上の新しいものを見せてくれる。

でもまだまだジャニストはそうじゃなくて、やっぱりどんなに下積みがあれどデビューから2年目のひよっこさん。まだまだ付いてきてくれる、背中を押してくれる人を沢山増やさなきゃいけない、メンバーもファンも一緒にみんなでもっともっと成長していかなきゃいけない時期だよね。そこに1つの良さもあるんだけど。
しげのあの、アンコールの後の挨拶でもひしひしとその思いが伝わってくる気がする。きっとそれがいたいほど分かってるんだよね。
彼の、普段は淳太くんによると、センターだから抑えて欲しいってくらいふざけてるのに、ストイックで真面目で終わった後のコメントとかでは凄く沢山感謝の気持ちを述べてるとこも好きだなあって。

まあまだふぁん(ジャスミンって言うのが憧れるけど恥ずかしいというか歳がいもないというか…)になって1ヶ月にも満たないニワカ新規が言えることじゃないけど。でもこういう新規やニワカが増えないとグループもおっきくならないよね!ってことで。。
(Twitterのタグとかちょう怖いよエセを見抜けだっけ?…ファン歴長い人からしたら新規がウザいのもとても良くわかりますが)

というか、まだ私がニワカだからこそ、この感想を残しときたい。あと少ししたらジャニストに盲目になり過ぎてこんな比較とかまじでできなくなると思う笑。